日本海中技術振興会

地球に優しくしていたら・・・・ CMAS-世界水中連盟は、世界86ヶ国のダイビング団体が加盟する、世界で最も権威のある国際的なダイビング連盟です。全世界に13,500ヵ所のダイビングサービス・ネットワークを誇り、現在までに輩出したダイバーの数は700万人にものぼります。IOC(国際オリンピック委員会)やユネスコをはじめ、多くの国際機関のメンバーでもあり、その存在は多方面にわたって知られています。

 私達、JCS(JAPAN CMAS)-日本海中技術振興会は、このCMASに加盟して、人とダイバーを地球規模で橋渡しする活動に参加しています。それと同時に、CMASの日本での活動機関である日本CMAS協議会の構成メンバーとして、わが国におけるCMASの種々の活動をも担い続けています。

 


ある日、 地球から招待状が届いた。

 日本海中技術振興会の自慢は、プロフェッショナルなダイビングシステムです。私たちは合理的な教育システムとサービス、誰もが安全で楽しくマスターできる講習プログラムを完成。1986年、時代にマッチした指導団体として、新たな出発を果たしました。

 そして、国内屈指のベテランインストラクターの賛同集結のもと、わずか十数年で、850余名のインストラクターと180店舗のプロショップを誇る、国内トップクラスの大団体へと急成長したのです。

JCSメンバー(JCS公認スクール&ショップ)

  日本海中技術振興会の理念にもとづいて、その基準マニュアルを忠実に守り、安全性およびサービスが充分に評価されたJCSのスクール・ショップだけが、JCSメンバーの資格を得られます。そして、このJCSメンバーのみが、世界で唯一のクレジットライセンスを発行することができるのです。

日本海中技術振興会 会長挨拶

≪BACKTOPHOME≫


Copyright(C)1998-2016 JCS All Right Reserved.
japan-cmas.co.jp