日本海中技術振興会
協力団体
 

国の行政が行っている機関と内容

(財)社会スポーツセンター(文部科学省)

 文部大臣認定事業スクーバダイビング指導員の認定をしており、日本では唯一の公的なスクーバダイビングインストラクターの資格です。
 JAPAN CMASはこのインストラクター養成認定団体です。
 

(財)日本海洋レジャー安全振興協会(国土交通省・海上保安庁) DAN JAPAN

ダイビングサービス提供業者に対し、安全管理の指導をしており、その安全管理者、および、業者の優良推奨店の認定をしています。JAPAN CMAS関係のスクールのほとんどが認定されております。また、DANといって、ダイバーの緊急医療援助体制のネットワークと、医療電話相談、また、ダイビング保険が入会すると自動的についてきます。
JAPAN CMASはこの協会のメンバーです。
 

(社)レジャースポーツダイビング産業協会(経済産業省)

ダイビング業界の発展と安全を主に、市場動向調査や器材の開発と業界のまとめ役をしています。
JAPAN CMASはこの協会のメンバーです。

他に労働省が、潜水業務を行う者に対し、"潜水士"を資格として設置しており、プロダイバーはすべてこの資格を取得しなければなりません。

 

≪BACKTOPHOME≫


Copyright(C)1998-2016 JCS All Right Reserved.
japan-cmas.co.jp