日本海中技術振興会

JCS ITCシステム

(インストラクター・トレーニング・コース)

  JCSのITCは、インストラクターになろうとしている人達の養成コース(ITC)と、認定コース(IC)の二つのコースからなります。
  受講者は、ダイブマスター以上の方であれば誰でも受講できます。(他団体のダイブマスタークラスからでも受講できます)ただし、アシスタント・インストラクター・コースを終了してからの方が、インターンシップ等を通してインストラクションの全体が理解できるため効果的です。

コースの内容は、“安全と楽しさ”そして"プロとして成功”の二本柱です。

 安全と楽しさの分野では、インストラクションを通じ、ダイビングがいかに安全で楽しく、かつ容易にマスターできるかを生徒に理解させる為にプログラムされた講習システムのトレーニングです。
 
 そしてもう一つは、この講習を通じ、プロフェッショナルとしての認識を持たせ、いかにビジネスへと繋げるかのシステムとテクニックのトレーニングです。
 現在では、アマチュア・インストラクターコースとプロインストラクターコースは同時に行われています。
 
 アマチュア・インストラクターは、アマチュア・ダイビングクラブのリーダーとして活動するためのもので、年間に15名以上の認定は出来ません。また器材の販売も認められていません。(但し器材購入のアシストはしなければなりません)
 
 プロ・インストラクターは文字通りプロとして活躍する人達で、ショップ、リゾートなとのベースがあることが条件になります。またプロとして当然のことですが、特に、潜水士、文部省認定社会体育指導員の共通科目を受講し、その資格を持つことが義務づけられています。

≪BACKTOPHOME≫


Copyright(C)1998-2016 JCS All Right Reserved.
japan-cmas.co.jp