日本海中技術振興会

Cカード

( JCSが発行するC-CARD )

 

CMASとのジョイントカードです。

 
この他にJCSシングルカードJCSスペシャリティカードがあります。
 
いまや、地球ダイビングが主流。だから、
JAPAN CMASの地球カードが必需品。
 
JCSのCカードは、世界の海で実力者です。
ダイビング団体は世界中に星の数。だからこそ、世界のあちこちで、その実力のほどがよく知れわたっているカードが一番。
JCSが発行するCカードは、両面がそれぞれJCS、CMAS(世界水中連盟)のダブル認定カードとなっており、リバーシブルで一体となっています。世界のあちこちで“顔きき”の、ファッショナブルなカードなのです。
しかも、JCSはVISA、JACCSと提携。世界中で使えるクレジットカードと一体となったCカードの発行も可能です。
 ★JCSが発行するCカードは、両面がそれぞれJCS、CMASの認定カードとなっています。
JCSコース規準
JCSランク
CMASランク
認 定 内 容
ベーシックダイバー

該当ランク無し

学科6時間以上・プール実習7時間・海洋実習4ダイブ/基本的にOWと同じコースです。年齢、体力、技術などOWに満たない方のコースです。ダイブマスター以上の監視下のみでダイビングを楽しむことができます。
オープンウォーター
ダイバー

1スターダイバー

学科6時間以上・プール実習7時間・海洋実習4ダイブ/インストラクターの監視下でダイビングを楽しむための知識と技術を養う。グループリーダーの監視下でダイビングを楽しむことが出来ます。
アドバンスド
オープンウォーターダイバー
2スターダイバー
学科5時間以上、海洋実習5ダイブ/インストラクターの監視下で活動範囲を広げ、さらに素晴らしいダイビングを楽しむための能力を養う。グループリーダーの監視下でダイビングを楽しむことができます。

レスキューダイバー

該当ランク無し

セルフレスキュー、想定できる様々なトラブルの対処法、エアー切れの対処法(自分及びバディ)デモを完全に出来るように水中抱束脱出法(5mでトレーニング)、トラブル予知、予防、バディレスキュー、疲労ダイバー、パニックダイバー等対処法、捜索、搬送、応急手当、C・P・R(心肺蘇生法)など。 
グループリーダーの監視下でダイビングを楽しむことができます。
ダイブマスター
3スターダイバー
学科12時間以上、海洋実習12ダイブ以上 
受講資格=レスキュー・ボード・ドライスーツ・ナビゲーションの4SPコース修了者。 ※SP(スペシャリティー)につきましては表下のリンクをご覧ください。 
グループリーダー及びガイドダイバーとして活動できる。
※3スターダイバーから4スターダイバーへはカード更新時に移行

アシスタント
インストラクター

1スターインストラクター

オープンウォーターインターンシップを2回以上。(18ダイブ)/インストラクターの管理下でOW、AD、の講習アシスタントができる。
インストラクター

2スターインストラクター

ITC後、ICCにて資格取得。※ITC及びICCにつきましては表下のリンクをご覧ください。 
OWからアシスタントインストラクターまでのコースが開催できる。
プロフェッショナル
インストラクター
マスター
インストラクター

3スターインストラクター

MITCにて資格取得。※MITCにつきましては表下のリンクをご覧ください。 
インストラクタートレーニングコース(ITC)までのコースが開催できる。 ICCのアシスタントとして活動できる。

JCSシングルカード(CMASは付いていません。)

≪BACKTOPHOME≫


Copyright(C)1998-2007 JCS All Right Reserved.
japan-cmas.co.jp